2021年5月22日土曜日

音声配信List 掲載 noteのご案内

4月末から新しい試みとして

standfmをはじめ、いろいろ皆さんからもコメントや

反響をいただき、ありがとうございます。


木星が一時的に魚座にはいったことや

あらためて夢解きについてを、順番にお話したりしてます。

そもそも音声配信を始めた理由が

テキストをうつことにやや疲労を感じやすいので

webがマメに更新できないというものですので

お話する方の数が増えるかと思います。

どうぞお許しくださいませ。












また今まで配信したもののリストとして

noteの方にまとめています。

https://note.com/karula

まだ数がすくないので出来上がってはいませんが

夢解きの回ばかりを集めたものや

星読みばかりを集めたものをまとめた

マガジン式にしようと思っています。












なかなか自分のペースでぺらぺらと話してしまい

お聞き苦しい点や、聞き取りにくい事もあるかもしれません。

ご質問などあればstandfmのレターやnoteやこのブログへのコメント、

またメールなどでもお気軽にお送りください。

2021年4月30日金曜日

stand fm 音声配信はじめました

一足先にTwitterでお知らせしましたが、

新しいことをはじめました。

stand.fm 星読み夢解きよもやま話 











音声でのblogのようなものです。

読むとなるとそれしかできなくなりますが

聞くのは「ながら」で、できるので興味を持っていただいた方は

是非、遊びに来てください。

アカウント作らなくてもwebからも聞けます。

アプリをおとさなくても上記リンクから

web版でそのまま再生もできます。

また、フォローをしていただいても、

例えばTwitterのように、

他の方には解りませんのでご安心ください。


それからもう一つ、

このstandFMと連動するためにnoteを使う予定にしております。

これについては準備ができましたらまたお知らせいたします。


また緊急事態宣言や陽性者の増加と不自由な毎日ですが

お気をつけてリラックスしておすごしください。




2021年4月25日日曜日

月によるセルフチェック2

前回は月の位置を確認するお話をしました。
今回はそれをどうとらえるか、というお話です。

が、その前に、基本的な新月から満月に向かう増光期と、
満月から新月に向かう減光期について記しておきます。

新月と満月の用い方

新月から月が丸くなっていく間を増光期は、
文字通り、増やしたいことに取り組み、
逆に満月から月が細く減っていく期間は、
減らしたいことに取り組むとよい、
という考えがあります。

勿論、ご自身のホロスコープとどんなアングルを取っているか
により変わってきますので、これだけを用いて
大きな決断に用いることはお勧めはしません。
現実に即して臨機応変に用いることが大切です。

けれど、小さなことで、どうしようかなあと
思うレベルであれば、参考にしてみてもよいと思います。



前置きが長くなりましたが、まずは新月から。

新月からは、物事をはじめる時なので
貯蓄や新しい勉強など、成就したいことに取り組むと
うまく行きやすいといわれます。
また、体力を回復したいなども
「増やしていくこと」に含まれます。

新月から満月へと、地球に届く光の量も増えるので
増光期といいます。
文字通り、増えていくことお応援してくれます。

逆に満月から新月へと月がやせていく時を減光期といいます。
この時は、減らしたいことに取り組むことが勧められます。
習慣の改善、ダイエットや、治療のようなことには良いとされています。

一説には、これらには、月の満ち欠けにより
マイナスイオンとプラスイオンの発生の仕方が
違うため、効果が変わるとも言われているようです。

新月と満月の位置

次に、月の位置を自分の生まれと
照らし合わせて参考にする場合についてのお話です。

占星術にはアスペクトというものがあります。
これは星同士の角度のことです。

例えば前回例にあげました
2021年4月12日の新月は牡羊座22度でした。
4月12日生まれの人の太陽の上に新月が重なった
ということになります。
つまり太陽と月のアスペクトは0度です。

丁度この日の生まれではなくても、
月の動きは速いので2~3日で重なるので
これも大まかではありますが、
牡羊座の人皆に重なると考えてもよいでしょう。

元も、生まれた時の太陽の上に月が重なる時は、
新月満月に関わらず、
様々な事がうまく行きやすいといわれています。
ですから、これがさらに新月であれば、
今まで躊躇していたことを始めてみるには
絶好期と言えるでしょう。

では新月と180度の角度をとる星座
天秤座ではどうか、といいますと、
多少周囲にひっぱられているような感じがすることもありますが、
外に向けて気持ちをオープンにしたり、
新しい気持ちで関係を築いていくのに良いといえます。

星同士の角度には考慮する角度はいろいろありますが
今日はもう一つだけ、90度をあげておきます。
この角度を取る時は少し緊張が強まるかもしれません。

先の例であれば、牡羊座に対して90度を取るのは
牡羊座も1と数えて4番目の星座である蟹座と
10番目の山羊座です。

少しうまくいかないことがあっても
そんな時だと気楽に流してみるのもよいでしょう。

ハウス区分で考える

続いて、ご自身のホロスコープのハウス区分をご存じの方は、
どこのハウスで起きているかでその影響を考えるとよいでしょう。

ハウス区分が解らない方は、また出生時間をご存じない方は、
自身の星座を1室として割り当てる方法もあります。

例えば蟹座の人なら、1室を蟹座として
それぞれ、獅子座が2室、乙女座が3室として考える方法です。
ある程度は参考になると思います。

その室が表す意味などで今のテーマを考えてみることもできます。

なお、ご依頼いただいている方には
お尋ねいただければハウス区分などお知らせしています。

余談ですが、ご相談を頂く方には、
占星術に興味をお持ちの方もたくさんいらっしゃいます。
ご自身が書かれたホロスコープをご覧になりながら
星読みのついてのご質問をいただいたり、
一緒に今後を考えたりすることもありますので
ご遠慮なくお尋ねください。

新月と満月の影響

個人差はありますが、元々新月と満月は、良くも悪くも、
いつもとはコンディションがかわる場合が多いものです。



プラス面としてエネルギッシュだったり、
判断力や直観力が発揮されることもあれば、
同じ傾向でも、それが行き過ぎてしまうと
興奮しやすく、落ち着きがなくなるかもしれません。

感受性も感覚も鋭くなるので
いつもなら気づかないことを見つけたり、
自分や周囲の状態をより濃やかに
把握したりするかもしれません。
けれどこれも行き過ぎれば
神経過敏のような状態に陥り、
逆にいらいらするかもしれません。

実際、体調に変化が起こる人も多いので、この点でも、
その時の新月・満月がどこで起きているかを知ることで、
少し客観視ができ、さらに、
自身のどこに影響しているかを考えられるので
変化との付き合い方も楽になるかもしれません。

何かの折に使って見てください。
また先にも上げましたが、
このような日常での遣い方に興味がおありの方は
ご依頼時に内容に関わらずお気軽にお尋ねください。




2021年4月14日水曜日

月によるセルフチェック1 月がどこにいるか

4月もはや中盤になりました。
新年度から新しい環境に進んだ方、或は周囲が変わった方、
おめでとうだったり、寂しかったり、
不安だったり嬉しかったり、いろいろある春ですね。

そんな時に、ふと気になるのが
今の運気や流れかもしれません。
勿論その都度、ご依頼いただいたり、
あらかじめ長めの流れを聞いておく
という方法もありますが、そこに
セルフチェックも加えてみてはいかがでしょうか。

例えばわたくし個人の場合は
まずは夢解きが指針になるのですが、
次に、現在の星の運行を考えます。

勿論、生業なので、自分のホロスコープくらいは
頭に入っていますし、1年先までくらいであれば
星の運行も記憶しています。

あら?どうだったかな?とうっかりしていれば
天文暦を開きます。



天文暦はweb上で見られるものもあるようなので、
皆様ご自身で、自分のホロスコープと
照らし合わせてみるのもよいかもしれません。

けれど、少しややこしいし、
そこまでしなくてもと感じる方には
新月と満月だけでチェックしてみては
いかがでしょうか。


新月と満月の位置をチェックする

月齢カレンダーなどで
月の満ち欠けを生活に取り入れている方も
多くいらっしゃいますが、さらに、
その月の新月・満月がどこでおきているかに
注目してみてください。

ご存じの方も多いでしょうが、
この新月満月の場所は、天文暦などをみなくても
12星座の並びを知っていればすぐに解ります。

例えば4月、先日12日が新月でした。
月の満ち欠けは、
月が地球の周りをまわっているから起きる現象です。
理科の時間を思い出しますが、
新月は太陽と同じ方向に来た時に起きるから
地球からは太陽の光が当たっていない面だけしか
見えないので、月の夜の時間をみている
=真っ暗と言う仕組みでしたね。

ということで、
その日の太陽と同じ場所にあるのが新月です。
ですから、4月12日の新月は4月に太陽がある星座、
牡羊座で新月はおきています。


新月が何度あたりにあるか推測する

更に詳しく考えたいなら、これは非常に大まかですが
星座占いなどに記載してある牡羊座の生まれ月日の期間に
注目してみてください。

年によって違うのですが、だいたい
3月21日頃~4月20日頃辺りになっているかと思います。

太陽は一日に1度進みます。
従って仮に3月21日から一度ずつ進めば
4月12日の太陽は牡羊座21度あたりにいることになります。
つまり、新月は牡羊座21度あたりでおきたということです。

では満月の場合はどうでしょうか。

満月の場合

こちらも理科で習った通り、
満月は地球をはさんで、
月が太陽と逆の方向にいる時におきます。
牡羊座の対局にある星座は天秤座です。

これはホロスコープを思い浮かべれば
1室が牡羊座とするなら、正面は7室天秤座と解ります。

それが浮かばなくても、星座の順番をたどれば、
12星座の中の半分なので
牡羊座から6つ先の星座を考えてみれば出てきます。

1牡牛座⇒2双子座⇒3蟹座⇒4獅子座⇒5乙女座⇒6天秤座 です。

ただ、2021年4月の満月は4月27日におきます。
となると4月20日からは太陽が牡牛座に入りますから
牡牛座から6つ先の星座、
蠍座での満月ということになります。


満月が何度かを推測する


続いて度数の推測ですが、これも先と同じです。
牡牛座は大体4月20日からはじまるので
4月27日であれば大まかに、太陽は牡牛座7度にいます。

満月は太陽から180度、真向いでおきますから
蠍座の7度ということになります。


ではこれをどう活用するかですが、
説明が長くなってしまったので
これは、その2につづきます。

2021年3月12日金曜日

早咲きの桜

今日は雨の福岡ですが 今週初めは良いお天気でした
早咲きの桜を探そうと、友が誘ってくれました。

勿論、マスクをして、少し距離を取りながら
楽しくて大きな声になりそうなのにも注意しながら散歩をしました。
でも、なかなかそうもいかず、きっと大声で笑っていたと思います。
まあ、ずっと青空の下、お外でのことだし、周りにも誰もいなかったので
ご容赦いただけるのではないかと思いますが。

西公園と福岡城跡あたり あちこちに咲いていました 。
季節を感じるのはいいものですね。
この頃、植物に詳しくなり、いろいろ教えてくれる友に感謝です。




この日は霞もすくなく西公園の上からは志賀島方向がきれいに見えました。



そういえば、またしても、このブログは、
前回からかなり間があいてしまっての更新です。

年末年始や今年は2月3日だった立春、そして2月12日の旧正月もすぎ、
1月31日から逆行していた水星も、2月21日には順行に変わり、
ようやく少し動きも落ち着いてきたように感じます、などと
先月書こうと思っていたら、あっという間に、今になってしまいました。

実は、2021年初だった…とハタと気づきました。

明日は新月です。
例えばこれから増やしていきたいことは、新月から満月の増光期に向けて始める、
逆に、病気の治療や減らしたいなくしたい癖などは
満月から新月にかけての減光期にとりかかる、という
月との付き合い方があります。

その意味では、自分を見つめる時間でもあり、
また、皆さんとお話のきっかけになるこの場所を、
「日々のあれこれにかまけて、そのままにしておく習慣を減らしたい」
という想いには、ぎりぎり1日だけ間に合うかもしれません。

毎日、丁寧に生きたいと思う今日この頃です。


2020年12月16日水曜日

はじまります新しい時 土星と木星は水瓶座へ

*12月16日更新時に数字の打ちまちがいがありました
 訂正しております。大変失礼いたしました。(
12月23日)


何と4カ月ぶりの更新となりました。

どうもあれこれしているうちに、後回しになり
ご無沙汰ばかりで失礼いたします。

あれこれの中で日々は過ぎ、
星はあっという間に動いていったな、というのが
今日の正直な思いです。

9月には火星が約2年ぶりの逆行に入り、
その後、山羊座で逆行中だった土星と木星は
共に順行
に転じました。

一時は世の中もGo To トラベルやら行動制限の緩和などもなされました。
しかし11月中旬には火星が順行に転じ、本来の状態が表れてきました。

個人レベルでは、むしろここから
ようやく我に帰ったり、本調子に戻った人もいるかもしれません。


また11月30日の満月は半影月食
続く新月は12月15日の皆既日食(チリやアルゼンチン)と
いつもより強めの力が働きました。

そして明日17日午後には2017年12月以来、約3年、
本宮である山羊座に滞在していた土星が
個性や自由、多様性、改革の星座水瓶座へと移ります。
15日に生まれたばかりの細い月は、
まず木星が山羊座29度で接近します。

その後、夕方近くに
一足先に水瓶座へと移動している土星に近づき、
追い越していきます。

更に、19日22時頃、木星も水瓶座へと移動します。
こちらは2019年12月から1年ぶりの星座の移動です。

そしてこの土星と木星は、水瓶座でコンジャクション(合・天体が接近)
となります。これは今年初めから、これについて星の大きなイベントだと
話題にもなっているのでご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

過去のやり方は大きく変わる暗示を示す星の動きです。

ただ始まりはここではありません。
既に2020年1月の段階で
山羊座に入った冥王星に土星が重なり、4月には木星が重なり
「古い常識や習慣は功を奏さず根本改革が始まる」という
流れが始まっていました。

冥王星は12星座を約250年かけて一周します。

土星は約30年、木星は12年の周期です。
この二つが重なるにはたくさんの時間が必要です。
そして更に、そこに木星も滞在するとなると
機会はすくなくなります。

そんな現象の後、この12月に
木星と土星が次の時代へ移ります。

ただ木星と土星が合になること自体は
ほぼ20年毎に起きる現象
です。
(ただし天文学的には今回の12月の接近は距離が近いようで
星空のイベントとしては大きいようです)

ですから例えば年長者なら「20年前?」と振り返れば、
「何かしらの進化や変革があったな」と、
そんなことが繰り返されていることにお気づきになるでしょう。

ただ、この木星と土星の合は、
今まで「地のエレメンツ」
つまり、牡牛座・乙女座・山羊座で起きていたのに、
今回は、「風のエレメンツ」である水瓶座で起きるという点が
注目を集めています。

しかし、風のエレメンツというならば、
1981年には天秤座で起きているので、
注目はそこではないと、わたくしは思っています。

2020年は、滅多に一同に介することがない
「冥王星」「土星」「木星」が土星の本宮である
山羊座に集まりました。

この集いは「安定や旧態が定めた秩序や価値観、システムの崩壊後」を
意味します。そしてそのあとに
「良い意味での個人主義や、組織にとらわれない自由」を示す水瓶座に移る
流れこそ大切なのだと思います。

山羊座は「一つの完成の形」を意味します。
それが覆されます。
「今まではこれで安定した一つの暮らし方だと
思っていたもの」がそうではなくなる働きを持ちます。

ですから、より柔軟に、
「今までそうだったから」という惰性や逃げをやめて、
「個」それぞれが考え、自由があるからこその責任を果たし、
誰も決めてくれないと不安になりそうな人も
勇気をだして、じっくり対峙して超えていきたい時です。
一見、大変そうにも見えるかもしれませんが、
これはみんなに与えられたチャンスです。

そして人と人も、今までとは違う、馴れ合いや同調ではない
自らが選んだ新しいつながり方により、
互いに力になりながらも、それぞれの道を進んでいけるでしょう。

また、特に今まで生きにくい社会だなと思っていた人たちは
のびやかに活動しはじめるでしょう。


ただ、この変化は、今山羊座にいる冥王星が
水瓶座に移る時までの時間をかけて
社会に浸透していくのではないかと思います。

冥王星は2024年2月に水瓶座へ移ります。
冥王星はその後2044年1月まで水瓶座に滞在します。

あと冥王星が移るまであと4年、
完全にその仕事を全うするまで約23年あります。
4年または23年、その長さは人それぞれですね。

あまり先のことまで考えても仕方ありませんし、
空想に時間を費やして、
今日することをおろそかにしても本末転倒です。

ただ明らかに、人も社会も地球も何もかもが
大きく変わりゆく節目にいるということを自覚して
日々送って行けたら、思いもしない楽しみが待っている気がします。

勿論、とりあえず目の前のあと4年だとしても
そんなに待てないし、人生は思うより短いかもしれないと思う人は、
早速何かにとりかかりましょう。

太陽暦の新年まであと半月ですが、
一足先に新境地への第一歩を踏み出してみたいと思います。

新型コロナウィルスの影響でまだまだ不穏な時ですが、
それもしかるべき時ともいえます。
皆様引き続き、お身体おいといください。

2020年12月16日 星が大きく動く前の日に…

2020年8月21日金曜日

ホロスコープが教えてくれる亡くなった人からのメッセージ

ホロスコープは、出生時の星位置を表したものです。
この出生図の星が進行した様子や、
通過している星から、サインを読み取るのが星読みです。

ホロスコープはその人が亡くなっても生き続けます。
例えば亡くなった人がその後、
「生きていたとしたら幸運期」という時期を迎えた時、
その人が生前成した仕事や作品などが
脚光を浴びることがあります。

或は、その時期に、残された家族の問題が
解決るすようなケースには非常によく出会います。
亡き人が今もこの世や残された人たちを護り、
繋がっていてくれているのだなと
実感させてくれる現象です。

他には、この世を去った時の星位置により、
その人がどんな思いで旅立ったか、
また、近しい人に対して
どんな想いを抱いて旅立ったかを
感じられる場合もあります。

今日はその一例をあげたいと思います。


A子さんは病気で亡くなりました。

その日時の星位置と出生時のそれを照らし合わせながらみますと、この世を離れる時の彼女の肉体は、かなり消耗しており、生きる事が重荷といえるような状態であったことを土星が示していました。また病巣そのもの以上に、薬の副作用が激しかったのかもしれないことを海王星と火星が示しているようでした

しかし同時に、これまでの善行に助けられているような安らぎと、大いなる護りが木星によって暗示されていました。この護りと導きは、すでにあちらの世界にいる家族や親族たちによるものだったのかもしれません。

また、水星と火星と海王星の状態を読むことで、彼女は眠るように、夢をみているような中で現実の世界から離れたサインが読み取れ、遺族のお話とも合致していました。

そして残されたご主人のホロスコープと合わせてみる事で、彼女の彼への想いが浮かび上がってきます。

個人的なことが多く含まれるので一部だけのご紹介ですが、A子さんが旅立った時の月は彼の火星に重なり「貴方のありたい生き方をして欲しい」という想いが観て取れました。

また、過去生からの縁や課題を表すドラゴンヘッドとドラゴンテールにもはっきりしたサインがみられました。

彼女が、彼を残してこの世を去らなければいけないのは、過去生からの約束のようでしたが、彼が彼女を看取ることもまた彼の今世の仕事であり、それは彼の魂を更に磨くものだったようです。



また、A子さんが亡くなったのは、月食と日食の間でした。満月新月は、人の生死やメンタルに影響を及ぼしやすいことはよく知られていますが、月食と日食は更にその力が強まるように思えます。この月食の頃から、彼女は急激に弱っていったようです。

そしてこの時の月食は、ご主人の出生図の金星の真上で起きていました。彼の大切な愛情の上に、影って行く妻を表す月が通っていきました。

月食はそれほど頻繁に起こるものではありません。それが360度の中の1点の彼の金星の真上に来る日というのが、どれほどのことかお分かりいただけると思います。


前回と前々回のblogでは、
わたくしの夢についてを語りました。
夢によって、その出来事が誰のせいでもなく、
ただ「大きな営みの中の必然であったかもしれない」と
感じられる経験をすることは、
受け入れがたい現実を目の前にしたときに、
少しだけ助けになると思います。



しかし、夢が訪れてくれるかどうかなど、
夢解きの方は、誰でもすぐに
というわけにはいかないかもしれません。
けれど、同じ作用は、星を読むことでも
得られると思っています。



そう簡単に、心が晴れるわけではないでしょうが、
何か大きな流れやエネルギーがあることや、
「人も、星の運行や満ち欠けと呼応して
自然の一部として生きている」という意識が持てた時、
ほんの少しだけ、何かが抜けるような気がします。

そう慣れた時、大いなるものに心身をゆだねられ、
それまでよりはもう少したくさん、
亡き人と繋がっている実感が得られるように感じています。

開業以来ずっと
「人の生死については観られません」と
お断りしていますが、
いま生きている人への、旅立った人からのメッセージ
感じるお手伝いはこれからも心を込めて
させていただきたいと、改めて思うこの頃です。